W杯4強かけ激突 なでしこに牙剥く豪州2人の“危険人物”

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンが準々決勝(日本時間28日午前5時開始)で対戦する相手、オーストラリアは今大会、最も《上げ潮ムードに満ちあふれているチーム》といわれている。

 世界ランク10位のオーストラリアが入った1次リーグD組は「死の組」といわれた。優勝候補の米国(2位)、実力派のスウェーデン(5位)とランク10位以内が、3チームそろったのはD組だけ。躍進中のナイジェリア(33位)も侮れなかった。たとえばC組の日本(4位)はスイス(19位)、エクアドル(48位)、カメルーン(53位)と格下ばかり。しかも、日本以外の3チームは、すべてW杯初出場国。日本は“最も恵まれた組”と他ランク上位国の垂涎の的だった。

「オーストラリアは1次リーグ初戦で米国に1-3と力負けしたが、1-1の前半などは圧倒的にオーストラリアの流れだった。3戦目のスウェーデン戦は、引き分ければ決勝トーナメント進出という試合。オーストラリアは前半5分にFWデバナのゴールで先制。10分後に同点に追いつかれたが、終了までの75分間をGKウィリアムズを中心に粘り強く守り切った。D組2位で進出した決勝トーナメント1回戦では、優勝候補のブラジル(7位)と対戦。劣勢を強いられながら170センチ超のアレウェイとケネディのCBコンビ、なでしこリーグで14年までプレーしたMFケロンド・ナイトらが体を張ったプレーを見せ、後半35分のFWサイモンのゴールで金星を挙げた。チームの雰囲気は最高潮に達しています」(現地取材記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る