• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織が全米オープン「第4シード」 4大大会で日本人初の快挙

 目標とするグランドスラム制覇に向けて一歩前進である。

 31日(日本時間9月1日)開幕の全米オープンテニス(ニューヨーク)の大会主催者が25日、シード順を発表。世界ランク4位の錦織圭(25)は第4シードに入った。4大大会で日本人選手は錦織、クルム伊達公子の第5シードが最高だった。上位4人にランクされるのは男女通じて史上初めてのことだ。

 今大会は24日に発表された世界ランキング上位4人がシードされ、同1位のN・ジョコビッチ(28=セルビア)、R・フェデラー(34=スイス)、A・マリー(28=英国)と続く。トーナメント表は27日に発表されるが、4番目にシードされた錦織は準決勝まで上位3人と当たらない組み合わせとなる。

 昨季の同大会で錦織は準々決勝で同4位(当時)のS・ワウリンカ(スイス)、準決勝で同1位のジョコビッチを相次いで撃破。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に0-3で敗れたものの、日本人初のファイナリストの栄冠を手にした。

 順当なら今大会の4強入りは間違いなさそうだが、メーン会場のサーフェスは足腰に負担の大きいハードコート。7月のウィンブルドンで左ふくらはぎを痛めて途中棄権、先週のシンシナティ・マスターズも臀部の負傷から欠場した錦織にとっては、コートとの戦いも強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る