錦織が全米オープン「第4シード」 4大大会で日本人初の快挙

公開日:  更新日:

 目標とするグランドスラム制覇に向けて一歩前進である。

 31日(日本時間9月1日)開幕の全米オープンテニス(ニューヨーク)の大会主催者が25日、シード順を発表。世界ランク4位の錦織圭(25)は第4シードに入った。4大大会で日本人選手は錦織、クルム伊達公子の第5シードが最高だった。上位4人にランクされるのは男女通じて史上初めてのことだ。

 今大会は24日に発表された世界ランキング上位4人がシードされ、同1位のN・ジョコビッチ(28=セルビア)、R・フェデラー(34=スイス)、A・マリー(28=英国)と続く。トーナメント表は27日に発表されるが、4番目にシードされた錦織は準決勝まで上位3人と当たらない組み合わせとなる。

 昨季の同大会で錦織は準々決勝で同4位(当時)のS・ワウリンカ(スイス)、準決勝で同1位のジョコビッチを相次いで撃破。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に0-3で敗れたものの、日本人初のファイナリストの栄冠を手にした。

 順当なら今大会の4強入りは間違いなさそうだが、メーン会場のサーフェスは足腰に負担の大きいハードコート。7月のウィンブルドンで左ふくらはぎを痛めて途中棄権、先週のシンシナティ・マスターズも臀部の負傷から欠場した錦織にとっては、コートとの戦いも強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る