<第3回>体感“160キロ”マシン特打で貧打深刻化

公開日: 更新日:

「効果ですか? 目慣らしですね。あとは……。それは選手の間でも議論になったんですよ」

 巨人の主力選手がこう言った。昨季のチーム打率は.257。リーグワースト2位の貧打に泣いたことで、原監督(57)が昨年の秋季練習から「体感160キロ」の超高速マシン練習を導入した。この賛否が議論の的だったという。

 発案者の原監督はこの時、「半速球や変化球に強い人はいるけど、本当の真っすぐに強い人がこの1、2年で少なくなった。それが欠点。速球を打つのが基本だから、少しワイルドさを取り入れた」と意図を説明。「打てない人は恥をかく」とした春季キャンプでも継続されたものの、ナインからはこんな声が相次いだ。

「キャンプ序盤は打撃フォームを固めたいのに、速過ぎて当てにいっちゃう。これじゃあ、フォームが崩れるだけ」

「寒くてケガするから金属バットで打っていいって言われたけど、打ち方が違うから。手が痛いから使っちゃったけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る