• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第3回>体感“160キロ”マシン特打で貧打深刻化

「効果ですか? 目慣らしですね。あとは……。それは選手の間でも議論になったんですよ」

 巨人の主力選手がこう言った。昨季のチーム打率は.257。リーグワースト2位の貧打に泣いたことで、原監督(57)が昨年の秋季練習から「体感160キロ」の超高速マシン練習を導入した。この賛否が議論の的だったという。

 発案者の原監督はこの時、「半速球や変化球に強い人はいるけど、本当の真っすぐに強い人がこの1、2年で少なくなった。それが欠点。速球を打つのが基本だから、少しワイルドさを取り入れた」と意図を説明。「打てない人は恥をかく」とした春季キャンプでも継続されたものの、ナインからはこんな声が相次いだ。

「キャンプ序盤は打撃フォームを固めたいのに、速過ぎて当てにいっちゃう。これじゃあ、フォームが崩れるだけ」

「寒くてケガするから金属バットで打っていいって言われたけど、打ち方が違うから。手が痛いから使っちゃったけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る