• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最終戦4強逃した錦織 フェデラーに惜敗で「来年につながる」

 格上の相手に善戦むなしく1次リーグで姿を消した。

 男子テニスの今季最終戦ATPツアー・ファイナル(ロンドン)は19日、1次リーグA組を行い世界ランク8位の錦織圭(25)は同3位のロジャー・フェデラー(34=スイス)に2-1で敗れ、2年連続準決勝進出はならなかった。

 すでに自力での4強入りの望みが絶たれ、勝つしかない錦織は序盤から果敢に攻める。第1セットこそあっさりと落としたが、第2セットはセットカウント1-4とリードされてから、粘りを発揮した。リターンエースや得意のフォアハンドを決めて第7、第9ゲームでブレークに成功。5ゲームを連取して、このセットをものにした。

 最終セットは1-4から3ゲームを連取してタイに持ち込むが、最後は力尽きて大会を終えた。

 世界ランク3位を相手に接戦を演じた錦織は「自分のテニスを取り戻せたのは大きい。来年につながる」と満足そうに振り返った。

 なお、4連覇を狙う同組のノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)はベルディヒ(30=チェコ)に2-0でストレート勝ちし、4年連続6度目の準決勝進出を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る