YS横浜の有馬監督が語る 選手とスタッフのハングリー精神

公開日:  更新日:

 14年に創設されたJ3リーグの2シーズン目が終わった。2部に相当するJ2との間には、実力差以上に「恵まれない経営基盤」という大きな壁が存在する。そんなJ3の中で最も厳しい経営環境に置かれているのが、横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.)だ。同クラブのジュニアユース出身で2年間J3で指揮を執り、退任することになった有馬賢二監督(43)に聞いた。

■厳しい経営環境を言い訳にはしない

 なぜ財政基盤が苦しいのか。理由は明白だ。

 J1やJ2と比べると注目度が低く、スポンサー収入や入場料収入は期待できない。一部の上位チーム以外は、人件費に多くの予算を割く余裕もない。J3は「3人以上のプロ契約選手を保有する」ことが定められているが、プロなのに月数万円、多くても10万円程度しかもらえない選手もいる。当然アルバイトをしなければ生活できず、飲食店などで働きながら選手生活を送っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る