• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

YS横浜の有馬監督が語る 選手とスタッフのハングリー精神

 14年に創設されたJ3リーグの2シーズン目が終わった。2部に相当するJ2との間には、実力差以上に「恵まれない経営基盤」という大きな壁が存在する。そんなJ3の中で最も厳しい経営環境に置かれているのが、横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.)だ。同クラブのジュニアユース出身で2年間J3で指揮を執り、退任することになった有馬賢二監督(43)に聞いた。

■厳しい経営環境を言い訳にはしない

 なぜ財政基盤が苦しいのか。理由は明白だ。

 J1やJ2と比べると注目度が低く、スポンサー収入や入場料収入は期待できない。一部の上位チーム以外は、人件費に多くの予算を割く余裕もない。J3は「3人以上のプロ契約選手を保有する」ことが定められているが、プロなのに月数万円、多くても10万円程度しかもらえない選手もいる。当然アルバイトをしなければ生活できず、飲食店などで働きながら選手生活を送っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る