日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

YS横浜の有馬監督が語る 選手とスタッフのハングリー精神

 14年に創設されたJ3リーグの2シーズン目が終わった。2部に相当するJ2との間には、実力差以上に「恵まれない経営基盤」という大きな壁が存在する。そんなJ3の中で最も厳しい経営環境に置かれているのが、横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.)だ。同クラブのジュニアユース出身で2年間J3で指揮を執り、退任することになった有馬賢二監督(43)に聞いた。

■厳しい経営環境を言い訳にはしない

 なぜ財政基盤が苦しいのか。理由は明白だ。

 J1やJ2と比べると注目度が低く、スポンサー収入や入場料収入は期待できない。一部の上位チーム以外は、人件費に多くの予算を割く余裕もない。J3は「3人以上のプロ契約選手を保有する」ことが定められているが、プロなのに月数万円、多くても10万円程度しかもらえない選手もいる。当然アルバイトをしなければ生活できず、飲食店などで働きながら選手生活を送っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事