それは独自技術の結晶…パラ五輪選手を支える“相棒”たち

公開日:  更新日:

 パラリンピック――。今夏、リオ五輪後に行われる障がい者スポーツの祭典には日本からも多くのアスリートが挑む。

 ところが、パラ五輪は競技自体があまり知られていないばかりか、使用される器具についてもほとんど認知されていない。選手個々のパフォーマンスを大きく左右するパラ競技の“道具”。その性能やこだわりは想像をはるかに超える。

 例えば、車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)に使われる競技車は特徴的だ。試合中、激しい衝突を繰り返すため、守備を担う選手の車いすには防御力を高めるためのさまざまな工夫が施されている。

 日本代表候補の岸光太郎さん(44)は言う。

「転倒防止のためにタイヤがハの字型になっているのに加え、私のラグ車(車椅子ラグビーで使う競技車)には前方に長いバンパーが付いています。このバンパーを相手のタイヤに引っかけ、動きを止めます。前方に長いので他のラグ車に比べ回転力は劣りますが、その分、相手を止めやすい。タイヤも相手の衝突によるパンクに備え、チューブを抜いてあります。衝突の衝撃? 常にちょっとした交通事故を味わう感じですが、もう慣れましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る