高い適応能力で犠飛 楽天オコエは中堅でレギュラー獲得へ

公開日: 更新日:

「ドンドン成長していくなぁ」

 楽天OBがドラフト1位新人のオコエ瑠偉(18=関東一高)の活躍にうなった。

 9日のヤクルト戦の五回、無死一、三塁から逆方向に追っ付けて右翼犠牲フライを放った。

「内角のシュート系の球にうまくバットを合わせて逆方向へ。つまり気味ではあったが、これがファウルにならなかったのは成長の証しですよ」

 オコエは開幕一軍ながら、1本も安打が出ないまま二軍落ちした。それが二軍である程度の結果を残し、それなりの自信をつけて5月29日の日本ハム戦から一軍復帰。以降は30打数7安打の打率.233と高卒野手としては、そこそこの数字を残している。もともと守備、走塁は一軍レベルなのだから、ここまでやれれば上出来だろう。

「オコエは高3時の『U-18』で初めて木のバットで試合に臨んだ。練習期間中は体が前に流れて手打ちになり、打球が前に飛ばなかった。金属バットの打ち方だった。それが大会に入るや、右の軸足に体重を残し、下半身を使って打って結果を残した。指導者に教わったんでしょうが、短期間で成長を見せた。適応能力の高さ、吸収する力が優れていると感じたね」(パ球団スカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る