宮里美香「難しく感じた」 コースに完敗で3オーバー発進

公開日:  更新日:

【全米女子プロ選手権】

 先週、今季初のベスト10入り(6位)を果たし、ようやく調子が上向いてきた宮里美香(26)。

 世界ランクは野村に次ぐ日本人2番手の40位。目標のリオ五輪出場(日本人出場枠は2)に向け、世界ランクの加算ポイントの高いメジャー大会で、少しでも上位進出を狙いたいところ。

 だが、スタートからいきなりつまずいた。

 イン発進の10番パー4は1.5メートルのパーパットをカップに蹴られ、ボギー。18番パー4もボギーとして、2オーバーで前半を折り返す。

 1番パー4では、2打目をグリーン奥に入れると、アプローチを寄せきれず、6メートルのパーパットを外して連続ボギー。2番パー5で初バーディーを決めるも、4番パー4では2メートル足らずのパーパットを外すと、5番パー3もボギーとして、この日、2回目の連続ボギーを叩き、3オーバーで初日を終えた。

▽宮里美香のコメント
「今日はショットが良くなくて、タフな一日だった。奥に行ってしまったり、手前からショートし過ぎたり、とにかく難しく感じた。(スコアを)取り戻さないとという気持ちが出てしまった。明日は一打一打大事に、セカンドショットを大事にしていきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る