ダル“今季最短KO”4敗目 レンジャーズの連勝は7でストップ

公開日:  更新日:

 エース右腕が好調なチームに水をさした。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が4日(日本時間5日)のアストロズ戦に登板。4回を1本塁打含む7安打5失点、3四球。今季最短の4回でKOされた。

 この日のダルはア・リーグ西地区の優勝を争うライバル打線に立ち上がりを捉えられた。一回、スプリンガーに甘く入った154キロの直球を捉えられ左翼スタンドに運ばれる先頭打者弾を浴びる。さらに、内野安打と四球で1死一、二塁のピンチを背負うと、5番で元DeNAのグリエルに右前打されて1点を追加された。

 二回には2者連続空振り三振に仕留めて立ち直りの兆しを見せたが、四回は制球に苦しむ。無死一塁から8番ホワイトを四球で歩かせると、続くマリズニックには左越え二塁打、1番スプリンガーには左前打と連続適時打。自身の暴投でピンチを広げ、内野安打の間に3点目を失った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る