今は“地獄”なのか? G伊東キャンプを知るOBが当時を語る

公開日: 更新日:

 プロ野球の11月といえば秋季キャンプだが、ちょっとばかり厳しい練習で選手が音を上げると、スポーツ紙には「地獄のキャンプ」という文字が並ぶ。

「地獄のキャンプ」といえば、必ず出てくるのが79年5位に終わった巨人の(秋季)伊東キャンプだ。当時、投手コーチだった高橋善正氏(評論家)がこう言う。
限界の先

「リオ五輪で銅メダルを取ったシンクロ日本代表の井村(雅代)ヘッドコーチの指導法をテレビで見た。食べる、寝る、トイレ以外は練習で、1日12時間以上。指導中の怒声を聞いて、伊東キャンプを思い出した。井村コーチは、『限界だという選手を無理やり引っ張る。毎日無理をすれば、それがだんだん無理ではなくなる』と言ったが、当時の私もそうだった。『ここまでならできます』というところで終われば、その先には行けませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る