「夏までには理想に」松坂大輔が“育ての親”にすべて語った

公開日:

松坂 考えましたね。いや違うかな。引退というより、1年くらい休んだ方がいいのかなとか。ホークスの最終年、リハビリが全然思うように進まなかった時に、行く病院、リハビリ施設では「良くなっている」と言われるんですけど、一向にキャッチボールができるようにならない。出口が見えず悩みました。でも、ここで終わったら後悔すると思ったので、誰に何を言われようが続けようという気持ちでした。

小倉 昔から5、6球で肩ができちゃうタイプ。地肩が強くてケガをしないもんだからナメているところがあった。大輔が若い時、「ちゃんとケアをしないと30歳すぎたらブッ壊れるぞ」と言ったことがある。

松坂 ナメているわけではないんですけど、リリーフの人より肩ができるのが早かったのは確かですね。

小倉 そもそも肩を痛めたのは、メジャーの硬いマウンド、滑るボールの影響?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る