役職退任は否定 日大アメフト内田監督に“院政支配”の懸念

公開日: 更新日:

 ラフプレーに至る背景や真実が解明されなければ、選手の安全が担保されないとし、日大との対戦を拒否しているライバル大学の指導者らが、口を揃えて「内田監督が辞めても問題の解決にならない」と言っているのも当然である。

■コーチ刷新は「考えていない」

 彼らの危惧はずばり、内田監督の院政だ。内田監督は辞任を表明する一方、15人以上いるコーチの刷新については「考えていない」と明言し、全員を残留させる意向。また、自身が人事担当の常務理事や保健体育審議会局長などの要職に就く大学内での役職を退く可能性に関しても、「それは違う問題」と否定した。

 内田監督は理事長の側近で、大学内の人事と運動部の予算の権限を握っている。日大という国内最大級の学校法人で絶大な力を持ち、内部では「独裁者」とも呼ばれている内田監督がその座にとどまれば、今回の騒動で露見した日大アメフト部の専制的な体質は改善しないに等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る