スウェーデンに惜敗 韓国は大会後“恒例”の監督問題が勃発

公開日: 更新日:

「後を継いだ申監督も最終予選2試合をスコアレスドローで本大会出場を決めたけど、国民に認められることはなかった。その後、昨年10月の親善試合でロシアに4失点、モロッコに3失点で連敗すると、国内世論は爆発寸前。それでも11月にコロンビア、12月に日本に勝ってギリギリで踏みとどまった。もともとそんな雰囲気。今回は勝たない限り、交代は避けられないとみられています」(韓国メディア)

■スウェーデンに敗れ3連敗濃厚

 次戦は初戦でドイツに勝利し、いち早くグループリーグ突破を決めたいメキシコ。3戦目はまさかの初戦敗退を喫したドイツだ。申監督はドイツに次ぐ2位通過を狙っていたが、最終戦で本気の前回王者と激突する最悪の展開。ただでは済みそうにない黒星発進となってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  8. 8

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る