6大会ぶり8強入り スウェーデン代表支える心理学者の暗示

公開日:  更新日:

 スウェーデンが持ち味を存分に発揮して8強入りを決めた。

 同じく堅守のスイスに対し、後半21分、MFフォシュベリ(26=ライプチヒ)が左からのパスを受けると、中に切りこんで右足で放ったシュートはDFに当たって先制ゴール。終盤は相手にボールを支配されながらも、CBで主将のグランクビスト(33=クラスノダール)らを中心とした鉄壁の防御で自陣ゴール前を固めて、スイスの反撃を封じ込めた。

 3大会ぶり出場のスウェーデンは94年米国W杯以来、24年ぶりの準々決勝進出である。

 イタリア・セリエAのMVPに選ばれたFWイブラヒモビッチが16年を最後に代表を引退して以降、世界的なスター選手は不在。アンデション監督のもと、個人の力に頼らず、統率の取れたチームワークと堅守で勝ち上がってきた。欧州予選では強豪のオランダ、イタリアに土をつけ、敗退に追い込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る