日本Sは12回引き分けを“死闘”…メジャーだったら笑われる

公開日: 更新日:

 日米の違いが際立っていた。

 現地26日(日本時間27日)に行われたワールドシリーズ(WS)第3戦(米・ロサンゼルス)は、ドジャースが三回に先制。八回にレッドソックスに追いつかれて延長戦に突入。それぞれ十三回に1点を奪い、結局、試合は延長十八回にマンシーのサヨナラ弾が飛び出し、ドジャースがWS最長となる7時間20分の超ロングゲームを制した。

 国内ではその晩、日本シリーズが開幕。こちらは広島が初回に先制し、ソフトバンクが五回に同点とした後は、両軍とも救援陣が踏ん張り得点を許さず、十二回規定(昨年まで十五回)により引き分けで終了。試合時間は4時間38分だった。翌日のスポーツ紙には「死闘」や「激闘」の見出しが並んでいたが、2試合ともテレビ観戦した野球ファンの吉川潮氏(作家)は「文化の違いと言えばそれまでだが……」と言って、こう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る