崔虎星が日本ツアーV2 “たこ踊り打法”アマにも役立つのか

公開日:

 【カシオワールドオープン】

 崔虎星(チェ・ホソン=45)が、アジアンツアーとの共催大会「2013年インドネシアPGA選手権」以来、5年ぶりにツアー2勝目を挙げた。

 独学でマスターした変則スイングがユニークだ。ドライバーが特に顕著で、クローズスタンスからアップライトにクラブを上げ、インパクト後は左足一本立ちになり、その場でくるっと回転。フィニッシュは決まらず、上半身をぐにゃっと折り曲げて、まるで“たこ踊り”だ。

 目いっぱい体を使ってクラブを振り回しているが、今大会ドライバー飛距離は281.5ヤード(ランク14位)。フェアウエーキープ率は55.36%(同28位)だった。スイング分析に詳しい小暮博則プロがこう指摘する。

「崔のプレーを見て、多くのアマチュアは格好が悪いと笑っているかもしれませんが、パワーポイントを理解した効率の良いスイングです。インパクト時は左足にすべての体重をかけて、ハンドファーストインパクトを実践している。ボールにパワーを伝えることに特化している。当てておしまいではなく、左足のつま先は目標に向いてインパクト以降もヘッドスピードが加速している。アマチュアの多くは右足体重です。いわゆる明治の大砲で、飛距離不足になり、スライスも出やすい。崔のように左足に体重をかけてボールを飛ばすドリルがあります。それはインパクト後に右足を目標方向へ1歩踏み出すだけです。それだけで、つかまりがよくなり、力強いボールが打てます」

 ボールが飛ばない、スライスが出て困るというアマチュアは、崔のスイングがヒントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る