崔虎星が日本ツアーV2 “たこ踊り打法”アマにも役立つのか

公開日: 更新日:

 【カシオワールドオープン】

 崔虎星(チェ・ホソン=45)が、アジアンツアーとの共催大会「2013年インドネシアPGA選手権」以来、5年ぶりにツアー2勝目を挙げた。

 独学でマスターした変則スイングがユニークだ。ドライバーが特に顕著で、クローズスタンスからアップライトにクラブを上げ、インパクト後は左足一本立ちになり、その場でくるっと回転。フィニッシュは決まらず、上半身をぐにゃっと折り曲げて、まるで“たこ踊り”だ。

 目いっぱい体を使ってクラブを振り回しているが、今大会ドライバー飛距離は281.5ヤード(ランク14位)。フェアウエーキープ率は55.36%(同28位)だった。スイング分析に詳しい小暮博則プロがこう指摘する。

「崔のプレーを見て、多くのアマチュアは格好が悪いと笑っているかもしれませんが、パワーポイントを理解した効率の良いスイングです。インパクト時は左足にすべての体重をかけて、ハンドファーストインパクトを実践している。ボールにパワーを伝えることに特化している。当てておしまいではなく、左足のつま先は目標に向いてインパクト以降もヘッドスピードが加速している。アマチュアの多くは右足体重です。いわゆる明治の大砲で、飛距離不足になり、スライスも出やすい。崔のように左足に体重をかけてボールを飛ばすドリルがあります。それはインパクト後に右足を目標方向へ1歩踏み出すだけです。それだけで、つかまりがよくなり、力強いボールが打てます」

 ボールが飛ばない、スライスが出て困るというアマチュアは、崔のスイングがヒントになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル