侍J初選出のG吉川 原監督の雷で発覚した“腰に違和感”事件

公開日: 更新日:

 吉川尚輝(24)が昨18日、3月9、10日に行われる「日本vsメキシコ」の代表メンバーに3年目で初選出。「自分の持ち味を出して、チームに貢献することが一番だと思う」とコメントした。

 今キャンプでは1番候補として存在感を発揮している。これまで実戦4試合で12打数8安打、打率.667。16、17日の練習試合では5打席連続安打をマークし、「1番があれだけ出塁すると、2番以降につながる。彼が塁に出ると得点に直結する」と原辰徳監督(60)も及第点を与えている。

 宮崎1次キャンプでは腰の張りを訴え、別メニュー調整の日が続いた。そのことで吉川尚は原監督にカミナリを落とされたという。さるチーム関係者がこう言う。

「『自分のことは自分で守れ。しっかり意思表示をしろ』ということみたい。3日の紅白戦で3安打1盗塁と活躍した後、5日から腰痛で別メニューになった。その間に尚輝はコーチ陣との間に行き違いがあったんです」

 どういうことか。

「紅白戦後、尚輝の動きが鈍いことに、まず後藤打撃兼外野守備コーチが気付いた。本人を呼んで『体調が悪いのか? ケガか? それともただ動きが鈍いだけか?』と問いただしたところ、『腰に違和感がある』と答えた。後藤コーチはそれをチーフ格の吉村打撃総合コーチに伝え、フリー打撃を回避させようとした。しかし、吉村コーチは『打たせろ』とピシャリ。原監督が『うまい選手より強い選手』を求めているだけに、少し違和感があるくらいで第1クールから若手有望株を休ませたくないということだったのでしょう。でも、結果としてこれで腰痛が悪化。5日から別メニューを余儀なくされた。原監督はだから、『プロは人任せにしないで自分のことは自分で守れ』と尚輝を怒ったのです」(前出の関係者)

 指揮官はしかし、ドラ1入団の有望株を2次キャンプ地の沖縄行きのメンバーに入れた。能力の高さは折り紙付きである。

 腰だけじゃなく、背筋もピリッとした吉川尚。暖かい沖縄で安打を量産している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」