指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

公開日: 更新日:

「平たく言えば球団経営に参画してもらおうというプランです」と、あるオリックス関係者がこう言った。

■神戸に強い愛着

「球団株の一部を保有して球団経営に携わってもらう。イチローはオリックス時代の95年に、阪神淡路大震災を経験。その年、仰木監督のもと“がんばろう神戸”を旗印にリーグ優勝、翌年日本一を達成したことは貴重な財産になったといいます。オリックスや神戸に強い愛着のあるイチローであれば、より魅力的なチームづくりをしてくれるだろうという思いが宮内オーナーの周辺にあると聞きました。もっとも、イチローをオーナーにする際には、本拠地を大阪から神戸に戻さなきゃならないかもしれませんけどね」

 イチローは株式市場に興味を持っていた時期がある。あくまで小遣いの範囲で株を購入、オフに少しずつ動かしていたというのだ。愛読紙が日経だったのも、経済に興味があるからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る