日本初の8強に大きな壁 サモアの巧みな手さばきと結束力

公開日: 更新日:

 プール戦3試合目となる日本―サモア戦(5日=豊田スタジアム)の登録メンバー23人が昨3日、両チームから発表された。主将でフランカーのリーチマイケル(30)がスタメンに復帰。ゲームキャプテンは2戦連続でフランカーのピーター・ラブスカフニ(30)が務める。

 日本は3日現在、2勝0敗でボーナスポイントを含む勝ち点9。同11点のアイルランドに次いでプールA組2位につけている。サモア戦で勝ち点を上積みして史上初の8強入りを目指す。最新の世界ランキングは日本8位に対し、サモアは15位。日本が元世界1位のアイルランドから大金星を挙げた勢いでサモアを下すとの見方が大半を占めている。日本の3勝目を楽観視するムードが漂っているものの、サモアは決して侮れる相手ではない。

 サモアは過去2戦でペナルティーを連発、首への危険なタックルによって、すでに2人が出場停止処分を受けている。規律が乱れた時の荒々しいプレースタイルは日本にとって厄介だが、サモアの安定したハンドリングにも手を焼きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る