日本初の8強に大きな壁 サモアの巧みな手さばきと結束力

公開日: 更新日:

 プール戦3試合目となる日本―サモア戦(5日=豊田スタジアム)の登録メンバー23人が昨3日、両チームから発表された。主将でフランカーのリーチマイケル(30)がスタメンに復帰。ゲームキャプテンは2戦連続でフランカーのピーター・ラブスカフニ(30)が務める。

 日本は3日現在、2勝0敗でボーナスポイントを含む勝ち点9。同11点のアイルランドに次いでプールA組2位につけている。サモア戦で勝ち点を上積みして史上初の8強入りを目指す。最新の世界ランキングは日本8位に対し、サモアは15位。日本が元世界1位のアイルランドから大金星を挙げた勢いでサモアを下すとの見方が大半を占めている。日本の3勝目を楽観視するムードが漂っているものの、サモアは決して侮れる相手ではない。

 サモアは過去2戦でペナルティーを連発、首への危険なタックルによって、すでに2人が出場停止処分を受けている。規律が乱れた時の荒々しいプレースタイルは日本にとって厄介だが、サモアの安定したハンドリングにも手を焼きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る