日本戦中止の可能性に怒りの会見 スコットランドCEOの本音

公開日: 更新日:

 13日に日本と決勝トーナメント進出をかけてプール戦の最終試合を行うスコットランドのマーク・ドッドソンCEO(最高経営責任者)が11日、神奈川県内の宿舎で緊急会見を行い、怒りをぶちまけた。

 台風19号の影響で、13日の試合が中止になった場合、勝ち点の差でスコットランドが予選敗退に終わることに関してである。

 同CEOによれば、スコットランドの競技人口は約1万1000人。W杯優勝経験のあるイングランドやニュージーランドと比べれば「小国」だということだが、「(予選敗退の可能性があるのが)オールブラックスのような存在感のあるチームならば、(大会主催者の)WR(ワールドラグビー)の対応は違ったのではないか。WRはスケジュール、会場の変更を柔軟に考えてほしい」と訴えた。

 さらに同CEOは「我々にはファンも付いているし、スポンサーもいる。皆が対戦を願っている」と本音も漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る