阪神は実に53年ぶり ドラフト上位5人「高校生指名」の狙い

公開日: 更新日:

「彼らがチームの中心になっていく時代を想像するとワクワクする」

 阪神の矢野監督が興奮冷めやらないといった表情でこう言った。

 クジで外した奥川も含め、外れ1位の西から2位の井上広大外野手(履正社)、3位の及川雅貴投手(横浜)、4位の遠藤成内野手(東海大相模)、5位の藤田健斗捕手(中京学院大中京)はすべて高校生。

■江夏ら以来

 阪神のドラフト上位5人が高校生だったのは1966年の江夏ら以来、実に53年ぶり。しかも5人全員が高校時代、本拠地の甲子園球場を沸かせた選手だけに「ファンの好きそうな選手たちが取れた」とは矢野監督だ。

 昨年までの6年間、阪神の1位指名は大学生か社会人。即戦力ながら目玉選手を避け、どちらかといえば小粒な選手の指名が多かった。阪神は人気球団。常に勝利を求められているだけに、手っ取り早く戦力になる選手を指名せざるを得なかったらしいが、それでも14年間、優勝から遠ざかっている。ならば多少、時間はかかっても、素質も知名度もある甲子園のスターを一人前にしようと育成に舵を切ったようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る