阪神は実に53年ぶり ドラフト上位5人「高校生指名」の狙い

公開日: 更新日:

「彼らがチームの中心になっていく時代を想像するとワクワクする」

 阪神の矢野監督が興奮冷めやらないといった表情でこう言った。

 クジで外した奥川も含め、外れ1位の西から2位の井上広大外野手(履正社)、3位の及川雅貴投手(横浜)、4位の遠藤成内野手(東海大相模)、5位の藤田健斗捕手(中京学院大中京)はすべて高校生。

■江夏ら以来

 阪神のドラフト上位5人が高校生だったのは1966年の江夏ら以来、実に53年ぶり。しかも5人全員が高校時代、本拠地の甲子園球場を沸かせた選手だけに「ファンの好きそうな選手たちが取れた」とは矢野監督だ。

 昨年までの6年間、阪神の1位指名は大学生か社会人。即戦力ながら目玉選手を避け、どちらかといえば小粒な選手の指名が多かった。阪神は人気球団。常に勝利を求められているだけに、手っ取り早く戦力になる選手を指名せざるを得なかったらしいが、それでも14年間、優勝から遠ざかっている。ならば多少、時間はかかっても、素質も知名度もある甲子園のスターを一人前にしようと育成に舵を切ったようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る