タイリーグ2部コーンケン・ユナイテッド 神戸清雄監督インタビュー<下>

公開日: 更新日:

若手指導者に海外で働くチャンスを与えたい

 タイで着実にプロのサッカー指導者としての足跡を残しながら、2009年にタイで初の日本指揮官になった滝雅美・現タイリーグ1部チェンライ・ユナイテッド監督に対して「タイで<日本人の指導者が生きていく道>を作ってくれた。私たちは、滝監督を追いかけるようにして<道>を歩んできました。感謝しています」と先達に畏敬(いけい)の念を忘れない。この謙虚な気持ちも、タイで生きていくのに必要なメンタリティーのひとつなのだろう。連載最終回の3回目では、日本の若きサッカー選手、指導者たちへのエールを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

――イサーン地方(タイの東北エリア)のサッカー熱はいかがですか?

「首都バンコクの周辺地域よりも、ここイサーン地方の方がサッカー熱を感じ、実際に多くのファンがスタジアムに足を運んでくれます。コーンケン・ユナイテッドは開幕戦と第2節をホームで戦い、いずれも5000人前後のファンやサポーターに来場していただきました。日本のJ2と比べても、決して少ない数字ではありません。2013年にタイで初めて指揮を執ったナコーンラチャシーマーFCは、シーズン中に平均5000人が7000人に増え、翌年は平均1万5000人となり、タイプレミアリーグ(現T1=1部)に昇格した2015年は、平均して1万7000人の観客を動員しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る