タイリーグ2部コーンケン・ユナイテッド 神戸清雄監督インタビュー<下>

公開日: 更新日:

若手指導者に海外で働くチャンスを与えたい

 タイで着実にプロのサッカー指導者としての足跡を残しながら、2009年にタイで初の日本指揮官になった滝雅美・現タイリーグ1部チェンライ・ユナイテッド監督に対して「タイで<日本人の指導者が生きていく道>を作ってくれた。私たちは、滝監督を追いかけるようにして<道>を歩んできました。感謝しています」と先達に畏敬(いけい)の念を忘れない。この謙虚な気持ちも、タイで生きていくのに必要なメンタリティーのひとつなのだろう。連載最終回の3回目では、日本の若きサッカー選手、指導者たちへのエールを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

――イサーン地方(タイの東北エリア)のサッカー熱はいかがですか?

「首都バンコクの周辺地域よりも、ここイサーン地方の方がサッカー熱を感じ、実際に多くのファンがスタジアムに足を運んでくれます。コーンケン・ユナイテッドは開幕戦と第2節をホームで戦い、いずれも5000人前後のファンやサポーターに来場していただきました。日本のJ2と比べても、決して少ない数字ではありません。2013年にタイで初めて指揮を執ったナコーンラチャシーマーFCは、シーズン中に平均5000人が7000人に増え、翌年は平均1万5000人となり、タイプレミアリーグ(現T1=1部)に昇格した2015年は、平均して1万7000人の観客を動員しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る