現役最年長76歳の“名将” ラルーサ氏がWソックス監督に就任

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する名将のひとりが現場復帰を果たす。

 ホワイトソックスは日本時間30日、次期監督に今季までエンゼルスのシニアアドバイザーを務めていたトニー・ラルーサ氏(76)の就任を発表。監督を務めた1986年途中以来35年ぶりのの古巣復帰となる。

 ラルーサ氏はホ軍を皮切りに、アスレチックス、カージナルスで指揮官を歴任し、計3度のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。通算2728勝(2365敗)は、歴代3位の記録だ。

 76歳で指揮を執るのは、アスレチックスのコニー・マック氏(87歳)、マーリンズのジャック・マッキオン氏(80歳)に次いで史上3番目の高齢で、現役ではアストロズのダスティー・ベーカー監督(71)を抜いて最年長となる。

 今季のホワイトソックスは12年ぶりにポストシーズンに進出。2005年以来の頂点は老将に託される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る