• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アメリカ・メディア・ウォーズ」大治朋子著

■調査報道専門のNPO団体も登場

 アメリカはやはりメディア大国。もともとインターネットは米ペンタゴンの実験から始まったことは有名。また皮肉にもインターネットにおびやかされる新聞業界でも、同じく報道界の世界標準はアメリカが実践してきたのだ。

 著者は毎日新聞の米特派員として対テロ戦争などを精力的に取材。さらに、ネット時代の米メディア界の長期取材で、すぐれた報道に授けられる「ボーン・上田賞」を受賞した。本書によれば、厳しいのはネットに食われた新聞各社の経営環境。現場の記者は減らされ、カメラマンは多くがクビ。ボストン・グローブなど伝統ある新聞が海外支局を総閉鎖して外信は通信社にまかせ、地方紙に徹するなど必死に生き残りを模索している。いま米国では大新聞ほど痛手が大きいのだ。

 またローカルニュースも地域企業からの支援によるNPO形式に変わりつつある。懸念されるのは、地道な長期取材でウォーターゲート事件のような腐敗などを追及する調査報道の衰退。しかし、これもNPO方式で優秀な記者だけを集めた報道組織「プロパブリカ」(公共のために、の意)などが、既存メディアとも連携しながら成功を収めつつあるという。楽観的ではないが、志はいまなお高い。それが米ジャーナリズムなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る