• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アメリカ・メディア・ウォーズ」大治朋子著

■調査報道専門のNPO団体も登場

 アメリカはやはりメディア大国。もともとインターネットは米ペンタゴンの実験から始まったことは有名。また皮肉にもインターネットにおびやかされる新聞業界でも、同じく報道界の世界標準はアメリカが実践してきたのだ。

 著者は毎日新聞の米特派員として対テロ戦争などを精力的に取材。さらに、ネット時代の米メディア界の長期取材で、すぐれた報道に授けられる「ボーン・上田賞」を受賞した。本書によれば、厳しいのはネットに食われた新聞各社の経営環境。現場の記者は減らされ、カメラマンは多くがクビ。ボストン・グローブなど伝統ある新聞が海外支局を総閉鎖して外信は通信社にまかせ、地方紙に徹するなど必死に生き残りを模索している。いま米国では大新聞ほど痛手が大きいのだ。

 またローカルニュースも地域企業からの支援によるNPO形式に変わりつつある。懸念されるのは、地道な長期取材でウォーターゲート事件のような腐敗などを追及する調査報道の衰退。しかし、これもNPO方式で優秀な記者だけを集めた報道組織「プロパブリカ」(公共のために、の意)などが、既存メディアとも連携しながら成功を収めつつあるという。楽観的ではないが、志はいまなお高い。それが米ジャーナリズムなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る