「10分のゴロ寝で10年長生きできる!」瓜田純久著

公開日:  更新日:

 厚生労働省の調査では、便秘は高齢になるほど増加し、男性でも50代で20代の頃の2倍、60代では4倍以上にも増えることが分かっている。便秘解消には食物繊維の摂取や適度な運動などが有効だが、意外な効果をもたらすのがうつぶせになってゴロゴロすることだという。

 現代のライフスタイルでは、フローリングの床にソファを置いて生活している人が多い。そのため、畳の部屋にちゃぶ台の時代より、うつぶせに寝転がる機会が減ってしまった。実は、適度な硬さの床でうつぶせの姿勢から左右にゴロゴロと転がるだけで、腸がマッサージされてガスが出やすくなり、蠕動運動が活発になって便秘解消にも効果大なのだ。

 就寝前や起床時、10分程度転がってみては?(扶桑社1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る