• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「10分のゴロ寝で10年長生きできる!」瓜田純久著

 厚生労働省の調査では、便秘は高齢になるほど増加し、男性でも50代で20代の頃の2倍、60代では4倍以上にも増えることが分かっている。便秘解消には食物繊維の摂取や適度な運動などが有効だが、意外な効果をもたらすのがうつぶせになってゴロゴロすることだという。

 現代のライフスタイルでは、フローリングの床にソファを置いて生活している人が多い。そのため、畳の部屋にちゃぶ台の時代より、うつぶせに寝転がる機会が減ってしまった。実は、適度な硬さの床でうつぶせの姿勢から左右にゴロゴロと転がるだけで、腸がマッサージされてガスが出やすくなり、蠕動運動が活発になって便秘解消にも効果大なのだ。

 就寝前や起床時、10分程度転がってみては?(扶桑社1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る