「10分のゴロ寝で10年長生きできる!」瓜田純久著

公開日: 更新日:

 厚生労働省の調査では、便秘は高齢になるほど増加し、男性でも50代で20代の頃の2倍、60代では4倍以上にも増えることが分かっている。便秘解消には食物繊維の摂取や適度な運動などが有効だが、意外な効果をもたらすのがうつぶせになってゴロゴロすることだという。

 現代のライフスタイルでは、フローリングの床にソファを置いて生活している人が多い。そのため、畳の部屋にちゃぶ台の時代より、うつぶせに寝転がる機会が減ってしまった。実は、適度な硬さの床でうつぶせの姿勢から左右にゴロゴロと転がるだけで、腸がマッサージされてガスが出やすくなり、蠕動運動が活発になって便秘解消にも効果大なのだ。

 就寝前や起床時、10分程度転がってみては?(扶桑社1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る