「10分のゴロ寝で10年長生きできる!」瓜田純久著

公開日:  更新日:

 厚生労働省の調査では、便秘は高齢になるほど増加し、男性でも50代で20代の頃の2倍、60代では4倍以上にも増えることが分かっている。便秘解消には食物繊維の摂取や適度な運動などが有効だが、意外な効果をもたらすのがうつぶせになってゴロゴロすることだという。

 現代のライフスタイルでは、フローリングの床にソファを置いて生活している人が多い。そのため、畳の部屋にちゃぶ台の時代より、うつぶせに寝転がる機会が減ってしまった。実は、適度な硬さの床でうつぶせの姿勢から左右にゴロゴロと転がるだけで、腸がマッサージされてガスが出やすくなり、蠕動運動が活発になって便秘解消にも効果大なのだ。

 就寝前や起床時、10分程度転がってみては?(扶桑社1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る