「ANTIFA ヘイトスピーチとの闘い 路上の記録 秋山理央写真集」秋山理央/写真 朴順梨/文

公開日: 更新日:

 師走のある日。仕事場に向かう途中、偶然、日の丸や日章旗を掲げた一団に出くわした。のぼりに書かれているのは、これまで在日コリアンやアイヌ民族に対して何度もヘイトスピーチデモを行ってきた団体名だ。近づいて写真を撮ると、ひとりが私に気づき「あー、リカちゃんだー」と嬌声を上げた。それを皮切りに20人ほどの男女が「バカ女」「化粧くらいしろよ」と静かな住宅街で罵声、怒声を上げ始めた。

 これが2015年の日本、オリンピックを5年後に控えた東京の風景なのだ。

 私はヘイトスピーチへの抗議をネット上やたまには路上で行っているので彼らから目のかたきにされているが、“多数派”の日本人だから何を言われても痛くもかゆくもない。ただ、彼らが攻撃の標的にしている在日外国人、沖縄やアイヌの人々、さらには障害があって働けない人たちは、文字通り身も心も凍りついているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る