• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ANTIFA ヘイトスピーチとの闘い 路上の記録 秋山理央写真集」秋山理央/写真 朴順梨/文

 師走のある日。仕事場に向かう途中、偶然、日の丸や日章旗を掲げた一団に出くわした。のぼりに書かれているのは、これまで在日コリアンやアイヌ民族に対して何度もヘイトスピーチデモを行ってきた団体名だ。近づいて写真を撮ると、ひとりが私に気づき「あー、リカちゃんだー」と嬌声を上げた。それを皮切りに20人ほどの男女が「バカ女」「化粧くらいしろよ」と静かな住宅街で罵声、怒声を上げ始めた。

 これが2015年の日本、オリンピックを5年後に控えた東京の風景なのだ。

 私はヘイトスピーチへの抗議をネット上やたまには路上で行っているので彼らから目のかたきにされているが、“多数派”の日本人だから何を言われても痛くもかゆくもない。ただ、彼らが攻撃の標的にしている在日外国人、沖縄やアイヌの人々、さらには障害があって働けない人たちは、文字通り身も心も凍りついているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る