「結婚しない男たち」荒川和久氏

公開日: 更新日:

 商品戦略のターゲットは「独身女性・主婦・家族・若者・シニア」に設定されることが多く、独身男性は常に蚊帳の外。そこで立ち上がったのが「博報堂ソロ活動系男子(20~50代の独身一人暮らし男性・略してソロ男)研究プロジェクト」だ。

 のべ3000人の男性に調査。見えてきたのは、ソロ男の高い消費力と興味深い特性だったという。

「ソロ男は企業の広告やマーケティングが薦めるモノを絶対に買わないといいます。ところが具体的に聞いてみると、割引商品や限定商品をよく買っている。決まった銘柄があるといいながら新商品も買うし、長生きしたくないといいながらトクホのお茶を買う。つまり『自己矛盾行動』なのです。消費でも恋愛でも、自己矛盾がソロ男の特性だとわかりました」

 人の評価を気にしないと言いつつ、他人のSNSを逐一チェックする。リア充(実生活が充実)アピールを嫌う割に、どこかでリア充になりたいと思っているのだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る