• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「総選挙ホテル」桂望実著

「お仕事小説」がはやっているのは、どんな仕事であっても当事者以外にその実態はわからないことが少なくないので、のぞき見趣味が満たされること、発見があること。さらに、大半の「お仕事小説」が最終的に元気を与えてくれること――そういう幾つかの理由がある。

 ところがこの手の小説があまりに多いと、また「お仕事小説」かよ、と言いたくなってくる。だから桂望実の本書に対しても、どうせホテルの従業員がやる気を出すまでの話でしょ、と言う人がいるかもしれない。しかし、「県庁の星」や「嫌な女」の桂望実がそんなにストレートな話を書くわけがない。ちょっとひねっている。それが本書の読みどころだ。

 業績不振の中堅ホテルに着任した新社長は従業員総選挙を言いだすのだ。ホテルには、さまざまな部署があって仕事が分担されているが、働く人すべてに立候補してもらって、たとえばAさんは本当に宴会部に必要な人なのか、それを従業員が決めるのである。部署によっては現在より人数が減るところがあり、つまりふさわしくないと他の従業員が判断して票が集まらなければクビ。他の部署のほうが適任となれば、そちらへ推薦もできるという選挙である。

 荒療治がどんな効果を生むかは読んでのお楽しみ。相変わらず人間ドラマはたっぷりと読ませるので、この一風変わった「お仕事小説」をぜひ堪能されたい。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る