「駄犬道中おかげ参り」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 ガマの油売りの辰五郎は賭場で大負けし、夜逃げをしようと思ったが、長屋の伊勢講の順番が当たり、伊勢参りに行くことに。預かった5両をまたもやバクチですってしまった。途方に暮れているときに、奉公先を抜けだした小僧の三吉と、主の代わりに伊勢参りに行く代参犬の翁丸という道連れができた。さらに、子どもができず婚家を追い出されて入水自殺をしようとした沙夜も加わって、家族を装い旅を続ける。小田原で遊女を買うつもりが陰間につかまるも翁丸に助けられ……。

 だが、辰五郎に金を貸した香具師の元締に依頼された殺し屋が後を追っていた。珍妙な3人+1匹の珍道中。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る