「駄犬道中おかげ参り」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 ガマの油売りの辰五郎は賭場で大負けし、夜逃げをしようと思ったが、長屋の伊勢講の順番が当たり、伊勢参りに行くことに。預かった5両をまたもやバクチですってしまった。途方に暮れているときに、奉公先を抜けだした小僧の三吉と、主の代わりに伊勢参りに行く代参犬の翁丸という道連れができた。さらに、子どもができず婚家を追い出されて入水自殺をしようとした沙夜も加わって、家族を装い旅を続ける。小田原で遊女を買うつもりが陰間につかまるも翁丸に助けられ……。

 だが、辰五郎に金を貸した香具師の元締に依頼された殺し屋が後を追っていた。珍妙な3人+1匹の珍道中。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る