「駄犬道中おかげ参り」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 ガマの油売りの辰五郎は賭場で大負けし、夜逃げをしようと思ったが、長屋の伊勢講の順番が当たり、伊勢参りに行くことに。預かった5両をまたもやバクチですってしまった。途方に暮れているときに、奉公先を抜けだした小僧の三吉と、主の代わりに伊勢参りに行く代参犬の翁丸という道連れができた。さらに、子どもができず婚家を追い出されて入水自殺をしようとした沙夜も加わって、家族を装い旅を続ける。小田原で遊女を買うつもりが陰間につかまるも翁丸に助けられ……。

 だが、辰五郎に金を貸した香具師の元締に依頼された殺し屋が後を追っていた。珍妙な3人+1匹の珍道中。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード