• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「駄犬道中おかげ参り」土橋章宏著

 ガマの油売りの辰五郎は賭場で大負けし、夜逃げをしようと思ったが、長屋の伊勢講の順番が当たり、伊勢参りに行くことに。預かった5両をまたもやバクチですってしまった。途方に暮れているときに、奉公先を抜けだした小僧の三吉と、主の代わりに伊勢参りに行く代参犬の翁丸という道連れができた。さらに、子どもができず婚家を追い出されて入水自殺をしようとした沙夜も加わって、家族を装い旅を続ける。小田原で遊女を買うつもりが陰間につかまるも翁丸に助けられ……。

 だが、辰五郎に金を貸した香具師の元締に依頼された殺し屋が後を追っていた。珍妙な3人+1匹の珍道中。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る