「潰瘍性大腸炎・クローン病がよくわかる本」渡辺守監修

公開日:

 潰瘍性大腸炎やクローン病は炎症性の腸の病気で、ここ30年間で10倍以上に患者が増えている。どちらも国が定めた「指定難病」に含まれるため、「一生こんな状態が続くなんて」「普通に暮らしていけないのでは」などと落ち込む患者が多い。

 しかし、東京医科歯科大学医学部付属病院潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター長の渡辺教授は、「数多くの患者さんを診ている医師の目から見れば、いずれもコントロールは十分に可能」と指摘。たいていの患者は最小限の薬で無理なく症状を抑え、ごく普通の生活を送っているという。

 治療の柱となるのは、薬物治療。治療薬には種類がいくつかあり、炎症の強さ、広がりなどによって適切な薬を選び、使い続ける。潰瘍性大腸炎はもちろんのこと、炎症が深くなりやすいクローン病も、手術を必要とするような合併症を起こさずに済む患者がほとんどだ。

「ふだんの暮らし」「症状があるとき」「妊娠・出産」など場面別で押さえておきたいことにも触れている。徹底して患者の側に立って病気を解説した一冊だ。(講談社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る