「起死回生の読書!」澤野雅樹著

公開日: 更新日:

 学生など、外的な動機づけがある世代以外は、ほぼ全世代にわたってまったく本を読まない世代が増加しているが、本書では興味深いエピソードが紹介されている。古生物学者リチャード・フォーティの書いた「生命40億年全史」の読者の一人が、東京の湾岸地区の高架下に住むホームレスだということが、読者カードから判明した。空き缶拾いで貯めた金で購入したという。この本に繰り広げられる悠久の時の前では人間の生涯などつかの間の閃光のようなものだが、高架下の住人は「知る」ことを通して、人の世の狭小な価値の世界から脱することができたのかもしれない。

 本を読む意味について思索する刺激的な一冊。(言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る