「起死回生の読書!」澤野雅樹著

公開日: 更新日:

 学生など、外的な動機づけがある世代以外は、ほぼ全世代にわたってまったく本を読まない世代が増加しているが、本書では興味深いエピソードが紹介されている。古生物学者リチャード・フォーティの書いた「生命40億年全史」の読者の一人が、東京の湾岸地区の高架下に住むホームレスだということが、読者カードから判明した。空き缶拾いで貯めた金で購入したという。この本に繰り広げられる悠久の時の前では人間の生涯などつかの間の閃光のようなものだが、高架下の住人は「知る」ことを通して、人の世の狭小な価値の世界から脱することができたのかもしれない。

 本を読む意味について思索する刺激的な一冊。(言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る

人気キーワード