• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「文明開化 灯台一直線!」土橋章宏著

 明治2年、丈太郎は土木技師のブラントンの通訳として船で長崎に向かう。ブラントンは、欧米各国と8カ所の灯台の整備を約束した政府が、洋式灯台の技術を導入するために招聘したお雇い外国人第1号だった。長崎に着いたブラントンは、さっそく港の沖に浮かぶ伊王島に最新式の灯台を建設する準備に取り掛かる。ある日、友人のアーネスト・サトウが一人の老人を連れて仕事場を訪ねてくる。日本人を見下していたブラントンだが、その老人田中久重が作ったからくり人形の精巧さに舌を巻く。おまけに田中はブラントンの設計図を見ただけで、その仕組みや原理をひと目で理解していた。

 3人が言葉や文化の壁を乗り越え灯台を造り上げていく姿を描く歴史エンターテインメント。(筑摩書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る