「文明開化 灯台一直線!」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 明治2年、丈太郎は土木技師のブラントンの通訳として船で長崎に向かう。ブラントンは、欧米各国と8カ所の灯台の整備を約束した政府が、洋式灯台の技術を導入するために招聘したお雇い外国人第1号だった。長崎に着いたブラントンは、さっそく港の沖に浮かぶ伊王島に最新式の灯台を建設する準備に取り掛かる。ある日、友人のアーネスト・サトウが一人の老人を連れて仕事場を訪ねてくる。日本人を見下していたブラントンだが、その老人田中久重が作ったからくり人形の精巧さに舌を巻く。おまけに田中はブラントンの設計図を見ただけで、その仕組みや原理をひと目で理解していた。

 3人が言葉や文化の壁を乗り越え灯台を造り上げていく姿を描く歴史エンターテインメント。(筑摩書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る