「文明開化 灯台一直線!」土橋章宏著

公開日:

 明治2年、丈太郎は土木技師のブラントンの通訳として船で長崎に向かう。ブラントンは、欧米各国と8カ所の灯台の整備を約束した政府が、洋式灯台の技術を導入するために招聘したお雇い外国人第1号だった。長崎に着いたブラントンは、さっそく港の沖に浮かぶ伊王島に最新式の灯台を建設する準備に取り掛かる。ある日、友人のアーネスト・サトウが一人の老人を連れて仕事場を訪ねてくる。日本人を見下していたブラントンだが、その老人田中久重が作ったからくり人形の精巧さに舌を巻く。おまけに田中はブラントンの設計図を見ただけで、その仕組みや原理をひと目で理解していた。

 3人が言葉や文化の壁を乗り越え灯台を造り上げていく姿を描く歴史エンターテインメント。(筑摩書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る