老いてなお「今」を生きる写真家

公開日:

 先月末から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほかで公開中のドキュメンタリー映画「Don’t Blinkロバート・フランクの写した時代」が若い観衆に好評という。フランクは日本で殊の外、人気のあるアメリカの写真家だが、隣接の美術館でもフランクの同時代人ソール・ライターの写真展が開催され、相乗効果か予想以上の人出だそうだ。

 フランクもライターもデジタル時代以前の写真家で、ことに50年代のフランクはスイスから移民してきたばかりの、無口で徒手空拳の貧しい一匹狼だった。そのすねたような目で9カ月間、オンボロの中古車で旅した全米の人と風物の写真集「アメリカ人」は長く批評家にまったく無視され、本格的な注目は70年代になってからのこと。それが今、多くの若者たちの心を捉える。恐らく彼らは、すべてをつるんと平準化してしまうデジタル時代には得難い「はみ出し者の心」と「不合理への衝動」を、フランクの写真に見ているのだろう。

「アメリカ人」を有名にした一因が友人でもあった作家ジャック・ケルアックの序文だったのは有名だが、その彼の代表作「オン・ザ・ロード」(河出書房新社 950円+税)を読むとそんな衝動の感触がよくわかる。

 映画が高く評価されるようになってからも、娘の死や息子の自殺などの悲劇に見舞われた彼の、92歳になった現在をてらいなく映し出す。苦難があっても「恐れるな、立ち上がれ、まばたきするな」という彼の言葉が題名の由来。戦後らしい青春の文化だったビートニクの、老いてなお「いま」を生きる姿。
〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る