「3月のライオン」少年の才に目をかける棋士と嫉妬する子どもたち

公開日:

 人気マンガの実写映画化で、前編はすでに3月末に封切り。その続きが今週末封切りの「3月のライオン」後編である。

 両親を亡くした少年が父の友人のプロ棋士に引き取られ、その家の子らと育つ。少年の才に目をかける棋士と、それに嫉妬する子どもたち。新たに巡り合った下町の一家との心温まる交わり。少々出来過ぎた設定に「将棋マンガというより少女マンガ」の声もあるが、実写版の本作では凝った撮影術で昔風の「ビルドゥングスロマン」、すなわち少年の成長物語を現代に蘇らせた。

 もう20代の主演・神木隆之介が15、16歳の少年の体つきで細い背中を見せるあたりも、役者陣の気合の表れだろう。

 面白いのは物語が終始、少年の主観世界を語っていながら、画作りの面で説明的な客観ショットを多用し、“少女が見た少年”の理想像に観衆を誘引するところ。下町一家との場面でも、絵に描いたような庶民の食卓に手作りの料理があふれ、本来ならドロドロの愛憎劇を舌触り滑らかなスイーツならぬ「甘酸っぱい16歳(スイート・シックスティーン)」味のメロドラマに仕立て上げてあるのだ。

 こういう映像の話法がとても日本的なものに感じられるのは、認知言語学でいう「共同主観性」が説明描写の端々からにじみ出しているからだろう。この概念は哲学者・廣松渉の「世界の共同主観的存在構造」で提唱された。西洋的な「主観―客観」論に対し、人間の主観は人と人の間(間主観的)に成り立つとする。あいにく絶版なので同著者の「哲学入門一歩前」(講談社 720円+税)を挙げておきたい。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る