• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「3月のライオン」少年の才に目をかける棋士と嫉妬する子どもたち

 人気マンガの実写映画化で、前編はすでに3月末に封切り。その続きが今週末封切りの「3月のライオン」後編である。

 両親を亡くした少年が父の友人のプロ棋士に引き取られ、その家の子らと育つ。少年の才に目をかける棋士と、それに嫉妬する子どもたち。新たに巡り合った下町の一家との心温まる交わり。少々出来過ぎた設定に「将棋マンガというより少女マンガ」の声もあるが、実写版の本作では凝った撮影術で昔風の「ビルドゥングスロマン」、すなわち少年の成長物語を現代に蘇らせた。

 もう20代の主演・神木隆之介が15、16歳の少年の体つきで細い背中を見せるあたりも、役者陣の気合の表れだろう。

 面白いのは物語が終始、少年の主観世界を語っていながら、画作りの面で説明的な客観ショットを多用し、“少女が見た少年”の理想像に観衆を誘引するところ。下町一家との場面でも、絵に描いたような庶民の食卓に手作りの料理があふれ、本来ならドロドロの愛憎劇を舌触り滑らかなスイーツならぬ「甘酸っぱい16歳(スイート・シックスティーン)」味のメロドラマに仕立て上げてあるのだ。

 こういう映像の話法がとても日本的なものに感じられるのは、認知言語学でいう「共同主観性」が説明描写の端々からにじみ出しているからだろう。この概念は哲学者・廣松渉の「世界の共同主観的存在構造」で提唱された。西洋的な「主観―客観」論に対し、人間の主観は人と人の間(間主観的)に成り立つとする。あいにく絶版なので同著者の「哲学入門一歩前」(講談社 720円+税)を挙げておきたい。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る