• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「俺たちの『戦力外通告』」高森勇旗著

 自身もプロ野球選手として「戦力外通告」を受けたことがある著者が、第二の人生を歩む元プロ野球選手たちに話を聞くインタビュー集。

 97年、ドラフト2位で阪神に指名された井川慶氏は、03年には20勝を挙げ、07年には大リーグへ移籍。メジャーで結果を出せず、12年に日本球界復帰後はケガに悩まされてきた。

 15年夏、球団から来季の契約を結ばないと通告された後、「体が動かなくて辞めるのは情けない」と感じた氏は12キロ減量。すると球速が戻り、もう一度納得のいくボールを投げて終わりたいと独立リーグに移籍する道を選んだという。

 その他、通告から16年かけて元プロ野球選手として初めて公認会計士となった奥村武博氏など、25人のその後を紹介。(ウェッジ 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る