• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「俺たちの『戦力外通告』」高森勇旗著

投稿日:  更新日:

 自身もプロ野球選手として「戦力外通告」を受けたことがある著者が、第二の人生を歩む元プロ野球選手たちに話を聞くインタビュー集。

 97年、ドラフト2位で阪神に指名された井川慶氏は、03年には20勝を挙げ、07年には大リーグへ移籍。メジャーで結果を出せず、12年に日本球界復帰後はケガに悩まされてきた。

 15年夏、球団から来季の契約を結ばないと通告された後、「体が動かなくて辞めるのは情けない」と感じた氏は12キロ減量。すると球速が戻り、もう一度納得のいくボールを投げて終わりたいと独立リーグに移籍する道を選んだという。

 その他、通告から16年かけて元プロ野球選手として初めて公認会計士となった奥村武博氏など、25人のその後を紹介。(ウェッジ 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る