「俺たちの『戦力外通告』」高森勇旗著

公開日:  更新日:

 自身もプロ野球選手として「戦力外通告」を受けたことがある著者が、第二の人生を歩む元プロ野球選手たちに話を聞くインタビュー集。

 97年、ドラフト2位で阪神に指名された井川慶氏は、03年には20勝を挙げ、07年には大リーグへ移籍。メジャーで結果を出せず、12年に日本球界復帰後はケガに悩まされてきた。

 15年夏、球団から来季の契約を結ばないと通告された後、「体が動かなくて辞めるのは情けない」と感じた氏は12キロ減量。すると球速が戻り、もう一度納得のいくボールを投げて終わりたいと独立リーグに移籍する道を選んだという。

 その他、通告から16年かけて元プロ野球選手として初めて公認会計士となった奥村武博氏など、25人のその後を紹介。(ウェッジ 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る