「イップス」澤宮優著

公開日:  更新日:

 今まで問題なくできていたレーが、何の前触れもなくある日突然できなくなる。プロアスリートを襲う、イップスと呼ばれる原因不明のこの病は、有効な治療法もなく時に選手を引退へと追い込むという。

 本書は、そんな症状に襲われた選手が、どのようにそれを受け止め、その後どんなふうに対処したのか、その真相を探ったスポーツドキュメンタリーだ。

 登場するのは、元日本ハムファイターズの森本稀哲と岩本勉、ヤクルトスワローズの土橋勝征、プロゴルファーの横田真一と佐藤信人の5人。

 ライバルに弱みを握られることを恐れてイップスにかかった選手の大半がその症状を隠そうとするなか、たとえば岩本の場合はあえて公表することで克服しようと考えた。そしてボールが捕手に届かないほど症状が悪化した状況下で、自らのやり方を変え続ける方法を選択する。

 人が困難な事態に直面したとき、どう生きるべきかという普遍的なテーマが、選手の姿から見えてくる。(KADOKAWA 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る