「イップス」澤宮優著

公開日: 更新日:

 今まで問題なくできていたレーが、何の前触れもなくある日突然できなくなる。プロアスリートを襲う、イップスと呼ばれる原因不明のこの病は、有効な治療法もなく時に選手を引退へと追い込むという。

 本書は、そんな症状に襲われた選手が、どのようにそれを受け止め、その後どんなふうに対処したのか、その真相を探ったスポーツドキュメンタリーだ。

 登場するのは、元日本ハムファイターズの森本稀哲と岩本勉、ヤクルトスワローズの土橋勝征、プロゴルファーの横田真一と佐藤信人の5人。

 ライバルに弱みを握られることを恐れてイップスにかかった選手の大半がその症状を隠そうとするなか、たとえば岩本の場合はあえて公表することで克服しようと考えた。そしてボールが捕手に届かないほど症状が悪化した状況下で、自らのやり方を変え続ける方法を選択する。

 人が困難な事態に直面したとき、どう生きるべきかという普遍的なテーマが、選手の姿から見えてくる。(KADOKAWA 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る