「イップス」澤宮優著

公開日:  更新日:

 今まで問題なくできていたレーが、何の前触れもなくある日突然できなくなる。プロアスリートを襲う、イップスと呼ばれる原因不明のこの病は、有効な治療法もなく時に選手を引退へと追い込むという。

 本書は、そんな症状に襲われた選手が、どのようにそれを受け止め、その後どんなふうに対処したのか、その真相を探ったスポーツドキュメンタリーだ。

 登場するのは、元日本ハムファイターズの森本稀哲と岩本勉、ヤクルトスワローズの土橋勝征、プロゴルファーの横田真一と佐藤信人の5人。

 ライバルに弱みを握られることを恐れてイップスにかかった選手の大半がその症状を隠そうとするなか、たとえば岩本の場合はあえて公表することで克服しようと考えた。そしてボールが捕手に届かないほど症状が悪化した状況下で、自らのやり方を変え続ける方法を選択する。

 人が困難な事態に直面したとき、どう生きるべきかという普遍的なテーマが、選手の姿から見えてくる。(KADOKAWA 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る