• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「江戸川乱歩と横溝正史」中川右介著

 1922年9月、神戸で行われた馬場孤蝶の「探偵小説の話」と題された講演会場に偶然居合わせたのが、江戸川乱歩と横溝正史だ。2人が実際に会うのはその4年後だが、それ以前に馬場の探偵小説論を共に聞いていたというこのエピソードから本書は始まる。

 共に日本の探偵小説史上に大きな足跡を残した乱歩と横溝だが、著者は2人を太陽と月にたとえる。

「乱歩が旺盛に書いている間、横溝は書かない。横溝が旺盛に書いていると、乱歩は沈黙する。天に太陽と月の両方が見える時間が短いのと同様に、2人が共に探偵小説を書いている時期は、ごくごく短い」

 同時に、片方が作家として執筆しているときは、もう一方が編集者として支えるという、実に絶妙な関係でもあった。本書は、そうした2人の関係を時系列で追いながら、個々の評伝とはまた違ったそれぞれの作家像を浮き彫りにする。

 また、博文館、講談社などの出版界の動向も重ね合わせることで、探偵小説というジャンルを立体的にとらえているのも秀逸。(集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る