「Ibasyo」岡原功祐著

公開日: 更新日:

 フリーの写真家である著者は、大学生のかおりに「生きていて楽しいですか?」と聞かれた。彼女は自傷行為がやめられないという。同じような人が大勢いると知り、これをテーマに取材することにした。オンライン上の掲示板でドキュメンタリーの撮影に応じてくれる人を募集して「木部ちゃん」と知り合う。

 父はフィリピンバーの経営で借金をつくり、母は恋人と出奔した。今でも借金取りのやくざにつきまとわれていて、落ち込むと自傷行為に走るという。ある日、木部ちゃんから「いろいろ話を聞いてくれてありがとう」とメールが届く。警察に電話したが木部ちゃんの住所が分からない……。

 5人の女性のフォトドキュメンタリー。(工作舎 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る

人気キーワード