「混血列島論」金子遊著

公開日:  更新日:

 日本は単一民族であるという「単一民族神話」に対しては、これまで事あるごとに批判がなされてきたが、近年の日本礼賛ブームもあって、この神話はいまだに根強く生き残っている。しかし、ユーラシア大陸と太平洋上の島々の間に位置する日本列島は、古来人々が行き交う場所であり、DNA解析によれば、主流日本人は中国東北部、シベリア、中央アジアなどの種族が混血したものだと判明している。

 本書は、文献とフィールドワークの両面から、日本列島(ヤポネシア)の混血であるがゆえの多様な文化の豊穣さを掘り起こしている。

 著者の「混血列島」を巡る旅は樺太の先住民ウィルタ、台湾のタイヤル族という旧植民地の少数民族から始まり、北海道・二風谷のアイヌの映像を記録した医師・人類学者のマンロー、明治初期のアイヌの生活を紹介した女性旅行家イザベラ・バードの足跡をたどり、先島諸島の神事の意味を探る。さまざまな文化の混交を軸にした新しい民俗学の萌芽がここにある。

(フィルムアート社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る