「堕天使たちの夜会」福田和代著

公開日: 更新日:

 交通警官の雲母は復讐を専門に請け負う「堕天使たちの夜会」に所属している。ある日「マクベス夫人」から指令がきた。半年前、妻と小学5年生の息子を殺された男から依頼があった。息子のバイオリンの教師の針生智也が容疑者として浮かんだが、捜査が進んでいない。

 雲母が捜査を担当した同僚から得た情報では、針生が米国の音楽院に留学していた頃、シアトルで今回の母子殺人とよく似た事件が発生している。

 雲母は針生のバイオリン教室に通うことにして針生に近づく。針生はメンタルクリニックの医師に、死んだ母が彼の前に現れると訴えていた。

 母と男児だけを標的にするサイコパスの犯罪を追う陰の組織を描くクライムノベル。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る