「堕天使たちの夜会」福田和代著

公開日: 更新日:

 交通警官の雲母は復讐を専門に請け負う「堕天使たちの夜会」に所属している。ある日「マクベス夫人」から指令がきた。半年前、妻と小学5年生の息子を殺された男から依頼があった。息子のバイオリンの教師の針生智也が容疑者として浮かんだが、捜査が進んでいない。

 雲母が捜査を担当した同僚から得た情報では、針生が米国の音楽院に留学していた頃、シアトルで今回の母子殺人とよく似た事件が発生している。

 雲母は針生のバイオリン教室に通うことにして針生に近づく。針生はメンタルクリニックの医師に、死んだ母が彼の前に現れると訴えていた。

 母と男児だけを標的にするサイコパスの犯罪を追う陰の組織を描くクライムノベル。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る