「堕天使たちの夜会」福田和代著

公開日:

 交通警官の雲母は復讐を専門に請け負う「堕天使たちの夜会」に所属している。ある日「マクベス夫人」から指令がきた。半年前、妻と小学5年生の息子を殺された男から依頼があった。息子のバイオリンの教師の針生智也が容疑者として浮かんだが、捜査が進んでいない。

 雲母が捜査を担当した同僚から得た情報では、針生が米国の音楽院に留学していた頃、シアトルで今回の母子殺人とよく似た事件が発生している。

 雲母は針生のバイオリン教室に通うことにして針生に近づく。針生はメンタルクリニックの医師に、死んだ母が彼の前に現れると訴えていた。

 母と男児だけを標的にするサイコパスの犯罪を追う陰の組織を描くクライムノベル。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る