「堕天使たちの夜会」福田和代著

公開日:

 交通警官の雲母は復讐を専門に請け負う「堕天使たちの夜会」に所属している。ある日「マクベス夫人」から指令がきた。半年前、妻と小学5年生の息子を殺された男から依頼があった。息子のバイオリンの教師の針生智也が容疑者として浮かんだが、捜査が進んでいない。

 雲母が捜査を担当した同僚から得た情報では、針生が米国の音楽院に留学していた頃、シアトルで今回の母子殺人とよく似た事件が発生している。

 雲母は針生のバイオリン教室に通うことにして針生に近づく。針生はメンタルクリニックの医師に、死んだ母が彼の前に現れると訴えていた。

 母と男児だけを標的にするサイコパスの犯罪を追う陰の組織を描くクライムノベル。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る