「プロ弁護士の『勝つ技法』」矢部正秋著

公開日:

 霧の中を行軍するような人生において、多くの人は、感覚的に判断して、オプション(選択肢)を考えずに行動をしている。それが多くの誤りと失敗の根本だと弁護士の著者は忠告する。本書は、氏が自らの体験を語りながら、人生のさまざまな問題に直面したときに、最善解に至る方法を教えてくれる生き方指南書。

 誤った判断を避ける出発点は、まずは無知を自覚して広く深く情報を集め、他人の助言を聞くこと。次にその情報の真偽を確かめる。また、頑張っても集められるのは必要な情報の2割程度なので、あとの8割は自分の利害や立場を離れ、状況を俯瞰することで全体像に肉薄していくなど。6つの視点を中心に最善解に至る手法を説く。

(PHP研究所 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る