• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「弁護士の格差」秋山謙一郎著

 かつて「プラチナ資格」といわれ、高収入と社会的地位が約束されていた弁護士だが、今は「取得までの苦労が多い割に報われない資格の筆頭」とまでいわれているそうだ。そんな弁護士の実態を告発するルポルタージュ。

 バブル崩壊以降、弁護士の所得は減り続け、今や半数が年間所得約400万円で、平均的サラリーマン以下だという。低所得化によって、専門性の高い事件を法律家の矜持にかけて手弁当に近い価格で引き受ける余裕がなくなり、冤罪の可能性が疑われる刑事事件や、医療過誤事件などに連座した無辜の民や経済力に乏しい市民にも、しわ寄せがきているという。

 こうした弁護士間の経済格差から、経験不足から生じる「スキル格差」や「意識格差」など、弁護士界の知られざる現実を伝える。(朝日新聞出版 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る