「弁護士の格差」秋山謙一郎著

公開日:  更新日:

 かつて「プラチナ資格」といわれ、高収入と社会的地位が約束されていた弁護士だが、今は「取得までの苦労が多い割に報われない資格の筆頭」とまでいわれているそうだ。そんな弁護士の実態を告発するルポルタージュ。

 バブル崩壊以降、弁護士の所得は減り続け、今や半数が年間所得約400万円で、平均的サラリーマン以下だという。低所得化によって、専門性の高い事件を法律家の矜持にかけて手弁当に近い価格で引き受ける余裕がなくなり、冤罪の可能性が疑われる刑事事件や、医療過誤事件などに連座した無辜の民や経済力に乏しい市民にも、しわ寄せがきているという。

 こうした弁護士間の経済格差から、経験不足から生じる「スキル格差」や「意識格差」など、弁護士界の知られざる現実を伝える。(朝日新聞出版 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る