「牙王物語」戸川幸夫著

公開日: 更新日:

 大雪山の麓の上川町にやってきた「東京サーカス」に飼われていたヨーロッパオオカミの雌レッド・デビル。体の中の狼の血が騒ぎ、ある日、訓練士の助手を襲って逃げ出した。日高牧場で飼われていた北海道犬と樺太犬の混血の雄テツと山中で出あい、その子を産む。5匹の子犬の中でいちばん大きいキバはある日、人殺しのヒグマ「片目のゴン」に襲われ、忠別川に飛び込む。川に流され、死にかけていたキバを助けてくれたのは、日高牧場の娘、早苗だった。キバは牧場で飼われるが、やがて可愛がってくれた早苗に危機が迫る。

 1956年に毎日新聞に連載され、後に「週刊少年マガジン」で漫画化もされた動物文学の傑作「山のキバ王」の新装合本版。

(新評論 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る