「死美人」黒岩涙香文 江戸川乱歩訳

公開日: 更新日:

 深夜にパリを巡回していた2人の警官は、横町から重そうなトランクを背負った男が出てくるのを見た。泥棒ではないかと分署に連行し、トランクを開けてみたら、絶世の美女の死体が……。その胸に突き刺さった短刀の根元には、スペードの女王のカードが刺し通されていた。トランクを背負っていた男は口がきけず、死体が入っていたことも知らない様子だった。

 署長は名探偵ルコックに調査を依頼する。男を釈放して後をつけると、しゃれた家に入っていく。その家には紳士の死体が転がっていた。

 フランスの作家ガボリオが生んだ名探偵ルコックの晩年を描いたボアゴペーの名作を、黒岩涙香が翻案し、江戸川乱歩が現代語訳したものを復活出版。

(河出書房新社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る