「死美人」黒岩涙香文 江戸川乱歩訳

公開日: 更新日:

 深夜にパリを巡回していた2人の警官は、横町から重そうなトランクを背負った男が出てくるのを見た。泥棒ではないかと分署に連行し、トランクを開けてみたら、絶世の美女の死体が……。その胸に突き刺さった短刀の根元には、スペードの女王のカードが刺し通されていた。トランクを背負っていた男は口がきけず、死体が入っていたことも知らない様子だった。

 署長は名探偵ルコックに調査を依頼する。男を釈放して後をつけると、しゃれた家に入っていく。その家には紳士の死体が転がっていた。

 フランスの作家ガボリオが生んだ名探偵ルコックの晩年を描いたボアゴペーの名作を、黒岩涙香が翻案し、江戸川乱歩が現代語訳したものを復活出版。

(河出書房新社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る