「刑事シーハン/紺青の傷痕」オリヴィア・キアナン著 北野寿美枝訳

公開日:

 ある事件で命拾いのケガをした女性警視正シーハンは、4カ月ぶりに職場に復帰し、微生物学者のエレノアが殺された事件の指揮を執る。自宅で首つり自殺を装って殺されていたエレノアの遺体には微量の青色顔料が付着していた。

 さらに、虐待と思われる古い傷痕も残されていた。行方が分からないエレノアの夫・ピーターの姉によると、弟はエミリーという女性と交際中だったという。

 数日後、シーハンの故郷クロンターフでハロウィーンのたき火の中から女性の遺体が見つかる。被害者は町の有力者の娘で医学生のエミリーだった。エミリーの遺体にもエレノアと同じ青色顔料が施されていた。

 アイルランドの首都ダブリンを舞台にした長編警察小説。

(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る