「キンモクセイ」今野敏著

公開日: 更新日:

 法務省刑事局企画調査室のキャリア官僚、神谷道雄が銃殺された。被疑者がアメリカ人らしいということで、外事1課と外事3課も動き出す。警察庁警備局の隼瀬順平は専任チームをつくるように命じられるが、突然、その件は終了だと言い渡され、外事1課、3課も手を引いたことを知らされる。

 ひそかに調査を続けていた先輩の水木勇吾は、刑事企画課刑事指導室の岸本から神谷が殺される前日にキンモクセイという言葉を残したという話を聞いた。神谷はこの言葉のせいで殺されたのではないか。やがて、岸本の首吊り死体が発見される。これでキンモクセイという言葉を知っている6人のうち2人が死んだ。

 日米合同委員会に関わる犯罪に挑む警察小説。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る