「キンモクセイ」今野敏著

公開日: 更新日:

 法務省刑事局企画調査室のキャリア官僚、神谷道雄が銃殺された。被疑者がアメリカ人らしいということで、外事1課と外事3課も動き出す。警察庁警備局の隼瀬順平は専任チームをつくるように命じられるが、突然、その件は終了だと言い渡され、外事1課、3課も手を引いたことを知らされる。

 ひそかに調査を続けていた先輩の水木勇吾は、刑事企画課刑事指導室の岸本から神谷が殺される前日にキンモクセイという言葉を残したという話を聞いた。神谷はこの言葉のせいで殺されたのではないか。やがて、岸本の首吊り死体が発見される。これでキンモクセイという言葉を知っている6人のうち2人が死んだ。

 日米合同委員会に関わる犯罪に挑む警察小説。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る