「絶対にかかりたくない人のためのウイルス入門」ベン・マルティノガ著 水谷淳訳

公開日: 更新日:

 私たちの生活を大きく変えた新型コロナウイルス感染症。この恐ろしい敵と闘い、打ち勝つためには、正体を正しく知ることが不可欠だ。本書では、そもそもウイルスとは何なのか、どのような対策が有効なのかなどウイルスのイロハをイラストを駆使して解説している。

 新型コロナウイルスの大きさは100ナノメートル。ノミの1万5000分の1というちっぽけな存在だ。

 しかし、ひとたび私たちの体内に入り込み細胞に取りつくと、恐ろしい効率で自身を複製していく。新型コロナウイルスにはまだ分からないことも多いが、近縁の別のコロナウイルスの場合、1個の細胞に感染すると1000個ものウイルスを複製することが分かっている。1個の細胞がウイルスに感染しただけで、1000個の細胞を感染させる準備が整うということだ。

 潜伏期間は5~14日とされるが、感染者は症状が出るおよそ2日前からウイルスを外部にまき散らしてしまうことになる。2019年11月17日、中国で世界初の新型コロナウイルス感染者が1人発見され、2020年4月2日には世界中で感染者が100万人を超えた。1が100万になるまでにわずか19週。この感染速度を私たちはいま一度肝に銘じ、人との接触を考え直す必要がある。

 感染予防に手洗いが不可欠であることは周知の事実だが、これは手からウイルスを引きはがしてくれるだけでなく、石鹸(せっけん)の分子がウイルスの外殻を構成する脂質を溶かし、壊してしまうためだ。つまり、除菌スプレーや抗菌シートよりも、石鹸による手洗いが間違いなく有効だと本書。

 ほかにも、ウイルス発生の起源やワクチンの働きなど、今こそ得るべき知識が満載だ。

(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード