鼻炎を招く危険も つらい鼻づまりは薬の多用で悪化する

公開日: 更新日:

 急に肌寒くなってきた。これから冬にかけては鼻づまりが増える。呼吸がしづらくなってつらい上、気になって集中力が続かなくなる。しかし、だからといって鼻づまり解消のため、安易に点鼻薬を多用すると逆効果になりかねない……。

 冬に鼻づまりが増えるのは、いくつか理由がある。昼と夜の気温差や、室内と屋外の寒暖差が大きくなると、それが刺激になって鼻の粘膜の血管が広がり、むくんでしまう。こうした寒暖差アレルギーによる症状として、鼻づまりや鼻水が表れる。

 また、冬になると空気が乾燥する。鼻の粘膜は常に外気にさらされているため、鼻の粘膜からしみ出ている粘液=鼻水も乾いて、かさぶたのように鼻内にへばりつく。さらに、粘膜自体もカサカサになり、腫れると空気が通る部分が狭くなって、鼻づまりが悪化するのだ。

 冬に増える不快な鼻づまりを解消するために、手軽に使用されているのが点鼻薬だ。今はインターネットでも、一時的に強力な効果がある点鼻薬を購入できるようになったため、使ったことがある人も多いだろう。しかし、点鼻薬は使い方によって新たな症状を引き起こすというから注意したい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路