著者のコラム一覧
永田宏長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

胃がん手術 「治る病気になってきた」というが水増しでは

公開日: 更新日:

 胃がんは年間の新規患者数でトップ。死亡数では肺がんに1位を譲りましたが、いまだに日本人の“国民病”であり続けています。とはいえNDBオープンデータを見ていくと、世間で語られている胃がんのイメージとはだいぶ違った姿が見えてきます。
〈表〉は2014年度の手術数をまとめたものです。胃がんの手術には、「内視鏡」「開腹」「腹腔鏡」の3種類があります。問題は内視鏡です。

 内視鏡的手術の対象になるのは「粘膜内がん」「悪性上皮内新生物」などと呼ばれるもの、つまり胃の悪性ポリープです。内視鏡の先から特殊な器具を出して、こそぎ取るように切除することができます。きれいに取ってしまえば、再発や転移の可能性はほとんどゼロ。そのため、がん保険などでは保障の対象外になっていたり、給付金が出るものでもかなり安く抑えられていたりします。「がん」で「悪性」なのに別モノとして扱われているため、常にトラブルの種になっています。

■4割が治りやすい「粘膜内がん」

 また、粘膜内がんは放っておくと“本物の”胃がんに成長するとされています。しかしそれも確たる証拠はなく、自然消滅するものも少なからずあるようで、いまだに議論が続いています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで