著者のコラム一覧
永田宏長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

【高血圧薬】主流は「ARB」 使用量は製薬3社が独占

公開日: 更新日:

 降圧剤に関しては、院内処方が約13億8000万錠、院外処方が約47億4000万錠、合わせて約61億2000万錠という、天文学的な数に及んでいます。厚生労働省が発表した「平成26年患者調査の概況」によれば、高血圧で継続的な治療を受けている患者数は約1010万人。単純に割り算すれば、患者1人当たり年間600錠以上も飲んでいた計算になります。

 使用量のトップ10を<表>にしました。1位はオルメテック錠20㎎(第一三共)。「アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ARB)」と呼ばれる降圧剤に属します。ARBはいまの降圧剤の主流です。1位から10位までほとんどがARBを主成分か有効成分のひとつに含んでいます。4位と9位のアーチスト錠は「β受容体遮断薬」と呼ばれる薬剤。ほかに「アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)」や「カルシウム拮抗薬」と呼ばれるクスリもありますが、上位には入っていません。

 ちなみに臨床試験データの改ざんで大騒動を引き起こしたディオバン(ノバルティス)は12位、1億4000万錠も処方されていました。

〈NDBオープンデータ〉 全国の病院・診療所・調剤薬局で作られた約16億2400万件のレセプト(診療情報明細書)から、検査件数・手術件数・薬の処方量などを集計し、データ化したもの。厚生労働省のホームページからExcelファイルとして公開されている。

【連載】全国の医師が処方した薬 ベスト10

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方